• Home 思い出の振袖を安く買い叩かれてしまって後悔しました。

思い出の振袖を安く買い叩かれてしまって後悔しました。

成人式の時に、祖母に買って貰った振袖が、私の結婚を機に何年もタンスに仕舞われたままの状態になっていました。
引越しが決まった時に、振袖など不要な物を買取りに出して荷物を減らそうということになりました。
早速、出張買取り業者に電話をして、振袖を見て貰いました。証紙を失くしてしまったとはいえ、正絹の作家物だと昔母から聞いていたのに、「千円ですね」と業者の方に素っ気なく言われました。
確か、購入価格は50万くらいしたと聞いていたのに、中古というだけで安くなってしまうことにびっくりしました。
じっくり見る訳でもなく、なんだか適当に値段を言っているような気がしましたが、着物の知識が無いので、そんなものなのかなと納得してしまいました。
それに、わざわざ自宅まで足を運んで来て下さったのに、断るのもなんだか申し訳ないという気がして、千円で買い取って貰いました。
後から、友人に着物の買取りの話をしたら、複数の業者に査定を出した方が、良かったんじゃない?と言われました。友人は、着なくなった振袖を3千円で買い取って貰ったことがあるそうですが、特別高価な物ではなかったそうです。面倒臭がらずに、ネットで情報収集して、査定額を比較すれば良かったと後悔しました。