• Home インテリアに使えたのにと思いました。

インテリアに使えたのにと思いました。

私には子どもがいないので、自分が子どもの頃に着ていた着物を処分しました。よく見たら、ごく一部分だったけれど、シミがあり、着物買取の業者では引き取れないと言われたので、普通にゴミに出しました。祖母が縫ってくれた思い出の品ではありましたが、他にも祖母が縫ってくれた着物があるので、処分した直後は、着なくなった普通の洋服を捨てたときと同じように、特に何も思わなかったのですが…

後日、友人の家に遊びに行ったときに、和風柄と無地の布を組み合わせたデザインの素敵なクッションカバーを見て、「もしかしたら…」と思って聞いてみたところ、やはり、着なくなった着物をほどいて、自分で作ったの、とのことでした。私自身、カーテンやクッションカバーなどはたいてい自分で作るので、あの着物も捨てなければインテリア小物に使えたのに、と、猛烈に後悔しました。

普段は、裁縫屋で安い布を買って来て作るので、着物の布を使うという発想がなかったのは仕方ないにしても、私は以前、子どもの頃の浴衣をほどいて、座布団カバーにしたことがあり、どうしてそのことを忘れていて、あの着物を捨ててしまったんだろうと思いました。インテリア小物にリサイクルするなら、シミがあった部分だけ捨てて、他のきれいな部分は全部使えたのに、と思うと、なんだか悲しくなってしまった出来事でした。